先日書いた記事でも紹介しましたが

美しいシューレースブランドVINCENT SHOELACE(ヴィンセントシューレース)

着用本数が増えてきたので記事をまとめました。

素材へのこだわりと各アイテムのコンセプトが秀逸で、織りなす靴紐にアーティスティックな息吹を感じるブランド。

実際に紐を通した様子とともにご紹介。

VINCENT SHOELACE(ヴィンセントシューレース)とは

ブランドヒストリー

ヴィンセントシューレースは京都出身の男女二人組によって誕生しました。 二人の性格はまるで違うのだけれどコレクトしている洋服や雑貨の趣味がとても良くあいアンティーク収集やアート鑑賞を休日になっては楽しんでいました。

いつものように二人でワクワクするものはないかなとアンティークショップ巡りをしていると、とても素敵な靴紐にめぐりあいました。調べてみると1950年台にアメリカで作られたものでした。

しかし残念ながらその紐は短くて私たちが使用するには長さが充分ではありませんでした。あきらめきれず私たちは二人にも使用する事ができる紐を作ってみては?と話しあいリサーチを開始しました。

靴の紐について調べていくうちにいろいろな事が解ってきました。材料はコットンだったりアクリル、ポリエステル、シルクなど使用の目的や色の発色や風合いを表現するために色々な糸がありました。二人は自分たちがあったらいいなと思う靴紐も作る会社を始める事にしました。

私たちの考え
靴の印象を左右するともいえるシューレース。人間でいえばヘアースタイルのような存在のシューレースをクオリティーを重視し素材から仕上げまで一貫して日本で作成しています。私たちがあればいいなと思う紐を納得いくまでサンプルを何度も作成し、気に入っていたものだけをリリースしていきます。

お気に入りの靴を長くはいているうちに汚れてしまい輝きが薄れてしまったなと感じたらヴィンセントシューレースに取り替えてみてください。初めてその靴に出会ったとき以上にあなたの心をワクワクさせてくれると思います。


ティファインメント

いつ読み返しても美しいストーリー。

手に取る靴紐一本一本に思わず感謝したくなります。

VINCENT SHOELACEの着用まとめ

これまで購入したVINCENT SHOELACEのアイテム


H.COOPER Heather Gray

VINCENT SHOELACEの代表作であり、名作であり、人気No.1アイテムのH.COOPER Heather Gray(ヘザーグレー)

名前の由来は、初めてニューバランスを履いて走ったとされるマラソンランナーKenneth H.Cooperから。

VINCENT SHOELACE H.COOPER ヘザーグレー

着用の様子はこちら

VINCENT SHOELACE H.COOPER M1530両足


H.COOPER Oatmeal Gray

こちらは前述のヘザーグレーよりも素朴感のあるオートミールグレー

VINCENT SHOELACE H.COOPER オートミール

着用の様子はこちら

GEL-LYTE Ⅲ グレイシャーグレー VINCENT SHOELACE 両足


TRAVIS INDIGO

VINCENT SHOELACEのアイテムの中で最もカラー展開の多いTRAVISシリーズ。

名前の由来は、映画「タクシードライバー」でロバート・デニーロ演じる主人公トラヴィス・ビックルから。

こちらは奄美大島の職人の手によるインディゴ染めを採用した、鮮やかで深みのある青のDeep Indigo

VINCENT SHOELACE TRAVIS INDIGO M1530アップ

GEL-LYTE Ⅲ ブラック VINCENT SHOELACE INDIGO


TRAVIS Fukugi

こちらもTRAVISシリーズのスペシャルカラーモデル。

福木染めによる鮮やかな黄色の靴紐。

VINCENT SHOELACE TRAVIS Fukugi P.F.Flyers左前


Arnest

麻とレーヨンの素材で出来たArnest

モデル名は、アメリカ海を愛した小説家兼詩人のアーネスト・ヘミングウェイから。

メゾンキツネ レザーシューズ Arnest

靴紐に楽しさを

VINCENT SHOELACEの靴紐に外れ無し。

靴紐を替える楽しみをVINCENT SHOELACEから教えてもったと言っても過言ではありません。

スニーカーの購入時、靴紐の交換ありきで考えるようになるのでワクワクが倍増します。

ぜひ一度お試しあれ。

新しく増えたらこちらに追記していきます。


こちらの記事もどうぞ

SPONSORED LINK