asicsブランドの中でも、とりわけ国内外からコアな人気を獲得しているOnitsuka Tiger(オニツカタイガー)

オニツカタイガーと言えば、映画「キル・ビル」でユア・サーマン演じる主人公が履いていたことで一躍有名になった日本発のブランド。現asicsの前身でもあるブランドで、一度はブランド消滅という悲劇に遭うものの、2002年に復刻。前述の映画「キル・ビル」が2003年に公開され、現在へと続く人気を獲得するに至ります。

今回はそんなオニツカタイガーの代表モデル「MEXICO66」をベースに改良を加えたデラックス版MEXICO66 SD(Super Deluxe)をレビュー。

asicsブランドの違いについては下記ページを参照

Onitsuka Tigerのスタンダードをアップデート!「MEXICO66 SD」

asicsブランドの中でもOnitsuka Tigerの特徴と言えば薄底・細身レトロ感のあるローテクスニーカー。

MEXICO66シリーズは、上記の特徴を兼ね備えているのはもちろん、ブランドアイコンである「オニツカタイガーストライプ」が初めて採用されたモデル。そして、MEXICO66シリーズの従来のフォルムデザインはそのままに、履き心地を更に高めたモデルが今回紹介するMEXICO66 SDです。

無印のMEXICO66との違いは、ワンランク上の履き心地を演出するクッション性の高さにあるわけですが、MEXICO66 SDのインソールは本当に優秀!

ローテクスニーカーのブランド各社がそれぞれ独自インソールを開発・搭載している中、MEXICO66 SDも良質なインソールを採用しています。

MEXICO66 SD グレイシャーグレー/シルバー

Onitsuka Tiger Mexico66 SD グレイシャーグレー&シルバー

筆者所有のMEXICO66 SD。

MEXICO66 SD GLACIER GREY / SILVER

まずはなんといっても特徴的なのがメタリックカラー。グレイシャーグレーをベースに、シルバーの箔はがし加工が施されています。これがめちゃくちゃかっこいい!

一見奇抜に見えるシルバーカラーでも、べースカラーとしてはグレーなので万能感が高く、比較的どんなスタイルにも合わせやすいのが魅力的。

また、独特な表情を醸し出す加工具合が、一色で染め上げるカラーリングとはまた一味違う絶妙なヴィンテージ感を漂わせる仕様。オニツカタイガーは、近年特徴的な加工を施したラインナップにも力を入れています。

Onitsuka Tiger タイガーストライプ

サイドのオニツカストライプももちろん健在。箔押しのグラデーションと流線が美しい…

Onitsuka Tiger ヒールフラップ

MEXICO66の特徴的なアイコンでもあるヒールフラップ。

Onitsuka Tigerのロゴ入り。

Onitsuka Tiger ヒール クロスステッチ

こちらもMEXICO66のオリジナルデザインであるクロス補強が施されたヒール。

芯材である「ヒールカウンター」が入っていないため、柔らかさが特徴的。

Onitsuka Tiger アウトソール

アウトソールはMEXICO66 SDのオリジナルデザイン。素材には独自開発の「WET ROCK CLUTCH RUBBER」を採用。うろこ状に配された独特なパターンのアウトソールが、濡れた路面でも高いグリップ性能を発揮します。

また、ミッドソールには「AmpliFoam」を搭載。ランニングシューズにも採用されているクッション性・反発性に優れた素材。こちらは以前紹介したasicsの「PATRIOT 9」でも体験済み。申し分の無い性能。

Onitsuka Tiger 真上

真上から覗き込むと、アッパーと同カラーで印字されているインソールのブランドロゴがチラ見え。

MEXICO66 SDに採用されているこのインソールが優秀なのです。

Onitsuka Tiger インソール

インソールの素材は「オーソライトX-40」。衝撃吸収性に長けた

オーソライトというウレタンフォームを採用したインソールで、X-40とは、インソールの定番素材であるオーソライトの反発性をさらに40%アップさせたという意味になります。

Onitsuka Tiger インソールサイド

このインソールがとにかく素晴らしい!

これまで、ニューバランスのインソールであるRCP280・RCP130を紹介してきましたが、そのどちらにも負けないほどの履き心地を提供してくれます。

これらニューバランスのインソールと比較しても劣らない性能の良さのためだけにMEXICO66 SDを購入しても良いと言えるほどの履き心地が良いです。無印のMEXICO66には無いインソールなので、どちらかで迷うなら断然オーソライトX-40インソールを採用しているSDを推します。

インソール・ミッドソール・アウトソールのすべてがMEXICO66 SD独自のソールシステムであり、これらから生まれる極上の履き心地こそMEXICO66 SDの最大の特徴です。

一度足を通せば分かりますが、薄底のローテクスニーカーとは思えないほどフワフワの履き心地に驚きますよ。

まとめ


Onitsuka TIger 正面揃い


何よりその見た目に惚れ込んで購入したMEXICO66 SDですが、想像以上の履き心地の良さに驚愕させられました。

オニツカタイガーから発売されている他ラインナップのカラーリング展開素材選びも非常に秀逸でして、「レトロで地味なローテクスニーカー」というこれまでのイメージから「こだわりの詰まったプロダクトを展開するブランド」なのだと理解できます。

改めてasicsブランドは優秀だなと再認識。

オニツカタイガーのスニーカーはどれもがこだわりのレザーを採用しているモデルが多いので、ビジネスカジュアルなどフォーマル寄りのスタイルにもマッチしそうです。

サイズ感としてはやや細身の形状であるため、幅広な足の形状であれば通常よりもハーフサイズアップを目安にするのが無難。

また、Onitsuka Tigerには今回購入したMEXICO66 SDのほかにも、日本製にこだわった「NIPPON MADE」という非常にそそられるシリーズが展開されていまして、そちらにも非常に興味が湧いております。価格帯はやや高額な部類。

↑MEXICO 66 DELUXE SHのアドバンバフ加工(下地の色を見せる)が堪らなく好きすぎる…

直営店で在庫があればいずれ手(足)にしてみたいと思います。

日本の職人の手によるオニツカタイガーを味わってみたいものです。


ではでは。


SPONSORED LINK