皆さん、ハリポタってますか?

7月2日から日本でも配信が始まった『ハリー・ポッター:魔法同盟』

GPS位置情報を利用したゲームで、言わずと知れた大ヒット作『ポケモンGO』のハリー・ポッター版。

原作映画ファンにとってはリリース情報が公開された段階から期待高まるゲームであったことと思います。

筆者も、映画ハリーポッターのBlu-rayボックスを持っている程度にはストーリーもキャラクターも好きなので、注目はしていました。

ハリーポッター魔法同盟

さて、そんなハリポタGO。早速ダウンロードしてみたものの、ぶっちゃけストーリーも目的もいまいち分かっていません。一応要所要所でキャラクターによる解説もあるにはあるのですが、単語が凝りすぎていてパッと入っては来ない。出てくる単語も原作ファンには分かる!というような仕掛けもそう多くはなく(今のところ)結構ワケも分からず進めていたりします。

が!

まぁとりあえず今はそれで良いのかなと。ゲームだし、やっていくウチになんとなく分かっていくでしょうと。ゲームの基本的な仕様に関してはポケモンGOを触ったことがある人なら大体分かるようにはなっているし。

期待値高めから入った方は結構拍子抜けする仕様ではあるかもしれないですね。実際にちょこちょこそんな声も見えます。

ハリーポッター魔法同盟のプレイ画面

ハリポタGO マップ

マップの仕様はまさにポケモンGO。

アイテムが落ちていたり、敵(ポケモンGOでいうエンカウント)に遭遇したり、拠点(ポケモンGOでいうポケスットプ)でプレイ補助があったり。

ハリポタGO ピクシー水晶玉

原作ファンにはお馴染みのピクシー出現。「魔法の痕跡(ファウンダブル)」が、コンファウンダブルに捕らわれているため、コンファウンダブルを除去するのがプレイヤーのお仕事。

言葉の意味はよく分からない(!)が、要はエンカウントしたら呪文を唱えていけばオーケー。

ハリポタGO ピクシー驚異度

コンファウンダブルごとに脅威度(強さ)が設定されています。

ピクシーは雑魚ってことですね。


ハリポタGO ピクシー呪文詠唱

こんな感じで指示がでます。

ハリポタGO ピクシー 呪文詠唱

指示の通り画面をなぞると

ハリポタGO ピクシー アレスト_モメンタム_グレート

呪文詠唱。

素早く上手になぞれたかによって呪文の強さ・成功確率が変わる。まずまず→グッド→グレート→マスターレベル、ってな具合。もちろんあまりにも上手くなぞれないと失敗となってやり直し。

因みに、画面に出ている『アレスト・モメンタム』は、原作映画の中でダンブルドアが唱えていた呪文ですね。

プレイヤーが呪文を選択するというような事はなく、唱える呪文は敵やイベントごとに固定。

ハリポタGO 呪文攻撃

ハリポタGO 水晶玉コンファウンダブル回収

成功すればコンファウンダブルを撃破。ファウンダブル回収となります。


ハリポタGO バックビーク解放成功

こちらも原作ファンにはお馴染みのバックビーク。『アズカバンの囚人』で、ハグリッドの授業で登場した魔法生物。何気に物語のキーを担っていたりしましたね。

ハリポタGO ヒッポグリフ解放

アロホモーラは解錠の呪文。


ハリポタGO ユニコーン解放

ハリポタGO ユニコーン解放成功

ユニコーンも登場。

この2体は、今現在行われているイベント『光り輝くもの:幻の動植物 』による限定ファウンダブルの模様。


ハリポタGO 金のスニッチ_呪文詠唱

金のスニッチ!ほうきに乗って争う球技『クィディッチ』に登場し、試合中はシーカーが激しく奪い合う例のあいつです。

ハリポタGO 金のスニッチ メテオロジンクス_レカント

この後、案の定逃げられました。

呪文の精度が低かったのかレベルが低かったのか、今のところよく分かっていません。攻略サイトを調べればもっと詳しく分かりそうですが、今のところまったりプレイしているので経験しながら徐々に覚えていこうと思っています。


こんな感じでフワッと始めて、エンカウントしたら呪文を唱える、を繰り返しています。

意外と移動しなくてもエンカウントは出来ますね。

注意点として、コンファウンダブルを撃破するための呪文は画面左下にある魔法エネルギーを消費しながら魔法を使うのですが、魔法エネルギーは時間経過による自然回復をしてくれないため、街中にある宿屋(ポケスットプ)やデイリーボーナス、ゲーム内通貨で購入出来るアイテムなどでしか回復できない仕様のようです。

エンカウント出来るからと周囲に拠点がない所でプレイしているとあっという間に魔法エネルギーを消費してしまうので、やはり拠点散策は必要かな。


上記のエンカウント以外にも、魔法薬の精製や職業スキルの習得、砦でのバトルなどゲーム内で出来ることは結構用意されている印象。

もちろんAR(拡張現実)を利用したシステムもよく考えられており、現実世界に投射された敵を追いながらのバトルや、現実世界との境界にポートキーを設置して「向こう側」に移動してアイテムをゲットする、なんてことも可能。

プレイヤーとしての経験値を貯めながらしばらく続けてみようと思います。


こちらは先日流れてきたツイート↓


この方(の会社の人)センスありすぎるwww


「マグルの方ですか?」


ではでは。


関連記事

ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット (8枚組) [Blu-ray]
ルパート・グリント, エマ・ワトソン ダニエル・ラドクリフ



SPONSORED LINK