最近カット(高さ)の高いスニーカーを眺めることが多くなりました。

今回紹介するGEL-LYTE V SANZE MT(ゲルライト5 サンゼ エムティー)は、ASICS TIGERブランドでは珍しいミドルカットモデルで、縦にボリューム感のある一足。

ベースモデルであるGEL-LYTE Vの履き心地の良さと、GEL-LYTE IIIのアイコン「スプリットタン」を想起させる独自の構造で、個性あふれる一足になっています。

GEL-LYTE Vがベース

GEL-LYTE V SANZEのベースモデルであるGEL-LYTE V(ゲルライト5)は、GEL-LYTE(ゲルライト)シリーズの流れを汲むASICS TIGERの定番モデルのひとつ。1993年に軽量ランニングシューズとして発売されたものを現代に復刻しています。

今なお根強い人気を誇るGEL-LYTE III(ゲルライト3)をベースにアップデートを加え、GL-3の特徴である「スプリットタン」を改良。

伸縮性素材を採用し、アッパーとシュータンを一体成型化させた「モノソック構造」が大きな特徴で、抜群のフィット感を生み出します。

また、ミッドソールにはASICSのお家芸であるGEL素材を搭載し、衝撃吸収性・クッション性の高い履き心地を実現しています。

ちなみにGEL-LYTEシリーズでは、GEL-LYTE Ⅳ(フォー)というモデルは無くて、その理由が「死(し)」を連想させるからという、ある種のシャレが効いたなんとも日本的な逸話を聞いたことが有るのですが、真偽のほどは不明。

現代風にアレンジされたGEL-LYTE V SANZE

GEL-LYTE V SANZEは、GEL-LYTE Vを現代風にアレンジしたモデル。

サンゼというモデル名は、GEL-LYTE Vの過去(OG=オリジナル)、現在(復刻)、未来へと繋がる「三世(サンゼ)」を意味します。

GEL-LYTE V SANZE MT サイドシルエット

高めのカットとボリューミーなソールを携えながら、ゴツくなりすぎない上品でスマートな横顔がとってもクール。

アッパー素材

GEL-LYTE V SANZE MT 正面

アッパー素材にはフェルト地を採用。

温かみを感じる風合いに仕上げています。

ミッドソール

GEL-LYTE SANZE MT ミッドソール

ミッドソールは肉厚のソールシステムを採用。

ラバー製のアウトソールのグリップ力と、ミッドソールのクッション性で快適な履き心地。

VISIBLE GEL(ビジブルゲル)

GEL-LYTE V SANZE MT ヒール部ゲル

ヒールには大型のGELを搭載。着地の衝撃を効率よく吸収するように設計されています。

また、ゲル素材をTPUで囲いVISIBLE GEL(ビジブルゲル)として可視化。機能性だけでなく見た目にも楽しいパーツ。

ゲルの素材感が、程良いアクセントを生んでいます。

ヒール補強のレザー

GEL-LYTE V SANZE MT ヒールロゴ

かかとを補強するように配されたレザー。

光沢感のあるasicsロゴがオシャレ。

ロープレース

GEL-LYTE V SANZE MT シューレース

シューレースには、伸縮性のあるロープレースを採用。

伸びの良い素材になっているため、カットの高いモデルでも脱ぎ履きしやすいという利点があります。

GEL-LYTE IIIの系譜を継ぐシュータン

GEL-LYTE V SANZE MT キモノ構造

GEL-LYTE V SANZEシリーズの最大の特徴でもあるシュータン。

GEL-LYTE IIIでは、中央から二つに分かれた「スプリットタン」が代名詞的な存在でしたが、GEL-LYTE V SANZEでは、モノソック構造をベースに外側から巻き込むように形作られた「キモノ構造」を採用。

裂け目があることで足首の可動域は確保され、それでいて足を包み込むように保護してくれるので抜群のフィット感を演出しています。

GEL-LYTE IIIのスプリットタンとGEL-LYTE Vのモノソック構造を掛け合わせ、ミドルカットでも快適なようにアップデートされたような印象を受けました。

GEL-LYTE V SANZE まとめ

GEL-LYTE Vがベースモデルということもあって、履き心地は快適そのもの。

大型のゲル素材やキモノ構造など、サンゼ独自のオリジナルティ溢れる特徴が、ミッドカットモデルの履き心地を上質なモノとして最適化してくれているようです。

最近はサンゼシリーズのニューモデルリリースが無いようですが、是非継続してほしいシリーズ。過去リリースされたゴアテックスモデルのニューモデルも出て欲しいなぁ。


ではでは。

SPONSORED LINK