夏本番前にして、既にこの夏のベストバイに挙げられるかもしれません。それほどまでに抜群のフィット感と履き心地の良さに対する満足度がかなり高め。ぜひ一度Chacoサンダルを試してみてほしい。

前回の記事

こちらの記事でも紹介したように、6月のうちの半分以上は上記記事で検討ピックアップしたブランドのスポーツサンダルを毎日眺める日々を過ごしていたわけですが、迷いに迷った挙句先日ついに購入。

Chaco×glambコラボ Z1_CLASSIC 両足揃い

Chaco × glambコラボモデル
『Gaudy sandals by Chaco〈ガウディ サンダル バイ チャコ〉』

最終的な購入の決め手の一つとして、お気に入りブランドとのコラボモデルということもあるのですが。

コラボモデルであることを抜きにしても、Chacoのサンダルは魅力的!今回は前回の記事のおさらいを兼ねて、Chacoのサンダルについて見ていきましょう。


Chaco(チャコ)サンダルの魅力について

Chaco×glambコラボ Z1_CLASSIC 外装箱

まずはChacoサンダルの特長から。

前回の比較記事でも触れましたが、より詳しく見ていきましょう。

Chaco(チャコ)は、アメリカのコロラド州生まれ。ラフティングガイド(川下りガイド)をしていたマーク・ベイガンによって創業されました。当時売られていたアウトドア用フットウェアに満足できなかったことをきっかけに、靴職人として働いていた過去の経歴と知識を生かして自らサンダルを作ることに。

初期に作成したサンダルが口コミから広がって話題を呼び人気を獲得したわけですが、ストラップの形状や張り替えのできるソールなどの特徴は、今日に至るまでのプロダクト造りの基礎として当時から完成していました。Fit(フィット性) / Comfort(快適性) / Support(サポート性) / Performance(性能)の4つを理念として掲げ、今では整形外科医の監修を受けながら人間工学に基づいたアプローチで商品開発を行っていたりします。

Chaco×glambコラボ Z1_CLASSIC 同梱説明書

Chacoのロゴである「Gecko(ゲッコ=ヤモリ)」は、ホワイトウォーター(流れの激しさを表す白波)の中でも高いグリップ力を発揮する象徴として掲げられています。

また、Chacoの最大の魅力であるのが製品の耐久性です。公式サイトには10年履き込んだサンダルの写真が掲載されていますが、実際に10年以上愛用しているというユーザーの声も多数見受けられます。 サンダルに限らず、フットウェアの耐久性の難点のひとつとしてアウトソールの減りが挙げられますが、Chacoのサンダルはソール自体が高い耐久性を備えているのはもちろんのこと、ソールとウェビング(ストラップ)の有償交換も行っています。

このサービスは、Chacoユーザーが愛着を持った商品を長く使うことが出来るということと同時に、ゴミ削減効果で環境にも優しいという、自然と共に過ごし誠実なモノづくりを続けるChacoというブランドの企業姿勢をよく表していると言えます。

耐久性の高さという安心感は、世界を旅するバックパッカー御用達ブランドであるという事実からも説得力があります。もちろん長旅に適した履き心地の良さとの両立があってこそです。

Chaco × glamb コラボサンダル

Chaco×glambコラボ Z1_CLASSIC 両足上下

さて、ここからは今回購入したChacoとglamb.のコラボモデルGaudy sandals by Chaco(ガウディサンダルバイチャコ)について。

glamb.は、フォトグラファーとしても活躍するデザイナー古谷完氏によって設立されたファッションブランド。「Grunge for Luxury(グランジ フォー ラグジュアリー)」を理念に掲げたグランジロックを基調としたスタイルで、様々なアーティストやブランドとのコラボを推し出したり、シーズンごとに素材感にこだわったアイテムを生み出す筆者のお気に入りブランドの一つです。(古谷さんは「日本ツインテール協会会長」を兼務するという多彩(?)さ)

そんなglambとコラボした今回のChacoサンダル。箱を開ける前からChaco特有のずっしりとした重量を感じとれます。

Chaco×glambコラボ Z1_CLASSIC オープン時アウトソール

箱を開けると、glamb別注のオリジナルカラーのソールがチラ見え。

Chaco×glambコラボ Z1_CLASSIC オープン

Chacoのウェビング(ストラップ)の調整についての説明書きもついている。

Chaco×glambコラボ Z1_CLASSIC ウィビング調整

Chacoのシリーズの中でも代表的な定番モデルであるZ1/CLASSICをベースに、glambらしさが現れたGaudy textile〈ガウディテキスタイル〉を施したデザイン。

Gaudyシリーズの象徴として、鮮やかに配されたパッチをつなぎ合わせることで表現したポップさをジャガード織りに落とし込んだデザイン性の高さが感じられる。

Chaco×glambコラボ Z1_CLASSIC 両足真上から

サイズ選びに関しては様々な口コミをもとに、通常履いているサイズ(NewBalance基準)よりハーフサイズダウンをチョイス。

もともとChacoのサンダルが1センチ刻みのサイズ展開であることと、サンダル自体やや大き目の造りであることがその理由。確かに実際に履いてみると、購入したものより更にサイズ上の物をチョイスしていた場合、足首で固定するストラップの余りが地面に引きずる予感はあります。

Zシリーズはストラップがひとつなぎで作られており、個々人の足に合わせてフィット感を調整可能。一度合わせてしまえば履くたびに調整しなければいけないような煩わしさもありません。

この点は非常によく考えられた造りになっていると思います。フィット感がありながら脱ぎ履きも良好。スニーカーなどと同じように、調節済みのベルトのヒール部を人差し指でクイッと引っ張るだけで簡単に脱ぎ履きできます。

またオープントゥの造りであるためソックス履きも可能

Chacoブランドのサンダルに共通して、ストラップの素材にはポリエステルを採用しています。速乾性に優れており、汗の影響や急な雨、水周りでのイベントが多い夏に最適な素材となっています。汚れがひどくなれば丸洗いも可能でガシガシいけます。

聞くところによると、洗濯機に突っ込んで丸洗いも可能らしい。。。(なんとメーカー公認の洗い方)このあたりのタフさが、バックパッカーをはじめとした旅行者に人気の秘密と言えるのかもしれませんね。

Chaco×glambコラボ Z1_CLASSIC ブランドロゴアップ

フットベット(ミッドソール)にはChaco独自のフットベット「LUVSEAT」を搭載。

PU素材

を用いた

クッション性・耐久性

に優れた逸品で、丈夫で長持ちな製品を実現。アメリカ足病医学協会よりAPMA認証を取得しているという、医学会からもお墨付きの足の健康維持まで考えられたフットベットになっています。

Chaco×glambコラボ Z1_CLASSIC ソールの厚み

横から見たときのこのボリューム感。サンダルらしからぬ肉厚で硬質さを感じさせるソールが、Chacoサンダル特有の重厚感を生み出しています。日常の中でも、ちょっとした石ころや段差などでは全く微動だにしない頼もしさ。

ソールの薄いサンダルだと、衝撃がダイレクトに響いて膝が痛くなることがあるのですが、チャコに関してはそのような懸念は全くなし。街歩きから山や川でのアクティビティまで、どんな場面でもこなしてくれる万能さ。おまけに足裏のアーチをしっかり支えてくれるので、安定感も抜群です。

Chaco×glambコラボ Z1_CLASSIC オリジナルカラー_CHACOGRIP

glambコラボのオリジナルカラーが配色されたアウトソールは、Chaco独自開発のソール「CHACOGRIP(チャコグリップ)」。Vibram(ビブラム)社のソールを25年間採用し続けていたChacoが、開発に2年の歳月をかけて生み出したというこだわりのアウトソールで、グリップ性・クッション性・対磨耗性に長けたゴツい奴。

街のアスファルトだろうと濡れた岩肌だろうと、滑ることなくしっかり捕らえてくれる頼もしさがあります。

まとめ

Chaco×glambコラボ Z1_CLASSIC 両足揃い

購入からまだ月日は浅いですが既に大活躍中。

梅雨明け前のじっとりした気候でも足元は爽やか。また、急な雨に降られてもウェビングやフットベッドに不快感を感じることなく履いていられるし、乾くのも確かに早く感じます。

濡れたアスファルトでも滑ることなくグリップ力の高さを身をもって経験しました。

購入前の一番の懸念点は重量の重さでしたが、これに関しても実際に足を通してみると全く問題なし。多くのレビューにあるように、適度な重さがむしろ歩き安さを生んでいます。これには驚き。

これから履き込みつつ、まずは十年サンダルに育てられるよう大事にしていきたいと思います。


ところで、梅雨時の雨濡れしかり、夏の足元といえば注意したいのがにおい。

せっかくイケてるフットウェアをゲットしても、嫌なにおいをまき散らしていたら最悪です。

精油の爽やかな香りプラスプラチナナノ粒子による除菌・抗菌効果でケアできる下記ミストがオススメ。筆者のオススメはグレープフルーツの香り。

革製品をメインとしたシューズケア用品でお馴染み、信頼のM.MOWBRAY製。外出前、帰宅後のケアとしてワンプッシュ。チャコサンダルのフットベッドの場合は、そのまま乾いた布で馴染ませるようにするとオーケー。抗菌効果を行き渡らせるようなイメージで。

チャコサンなら、あまりにも汚れたらきちんと丸洗いすれば良し。日常のケアにぜひ。


ではでは。

SPONSORED LINK