※10月1日発売 ブラックムスクナイトブルームについてはこちらから↓

「ムスクの伝道師」こと(勝手に呼んでる)THE BODYSHOP(ザ・ボディショップ)。

ボディショップの代名詞となっているムスクシリーズは、動物性ではないムスクを世界に先駆けて使った香りが特徴的。ベストセラーとして愛され続ける「ホワイトムスク」の歴史は、なんと30年以上に渡るそうです。

そんなボディショップのムスクコレクションのひとつが今回紹介する「ブラックムスク」。

店舗でも長いこと入荷待ちの状態が続き、オンラインストアの在庫もずっとSOLD OUT表記。「もしやこのまま廃盤になるのでは…」なんて噂もまことしやかに語られるようになっていました…

そんな中、先週末に店舗に入荷したという情報が!

これは今すぐ買うしかない!ということで即購入。

ボディショ ブラックムスク 横並び 正面

このたたずまい。。ウットリ

ということで今回はボディショップとブラックムスクの香りについて書いてみましょう。


THE BODY SFOP(ザ・ボディショップ)の商品の特徴

ボディショップ 手提げwm

ボディショップは、1976年の創業以来、天然原料由来にこだわった製品づくりをしている自然派化粧品メーカー。信条として掲げる動物愛護や環境保護の精神は製品づくりにも生かされており、「動物実験フリー」や、原料調達に関してフェアトレードを実施するなど、可愛らしいパッケージとは裏腹に社会派なメーカーといって良いかもしれません。

ボディショップのホワイトムスク

ボディショップと言えばムスク、ムスクと言えばボディショップ、というくらいムスクのイメージが強いボディショップですが、なんといっても代表作である「ホワイトムスク」の完成度の高さでしょう。


調合されている香りは、トップノート~ベースノートまですべてムスクを基調とし、ユリやイランイランの甘めの香りから、ジャスミンやローズのややフローラルな香りへと変化していきます。ベースは初めから最後までムスクムスクムスクなわけです。しかし全然嫌味じゃない。時間経過によってその表情が変わり、当然つける人によっても香り方が変化します。香水初心者にもオススメのピュアで華やかで繊細な香り。とはいえかなり濃厚な香りでもあるので、つけすぎには注意した方が良いですね。

ブラックムスクは"大人のムスク"

さて、ここから今回購入したブラックムスクについて。

ボディショ ブラックムスク 正面 縦

ブラックムスクは、ホワイトムスクに比べてより官能的でエキゾチックな香り。

洋ナシやベルガモットのやや柑橘よりの香りから始まり、甘めでスパイシーな香りへと徐々に変化します。
ホワイトムスクの万人受けする香りとは少し違い、人によって好みが分かれそうな香り。ホワイトムスクが昼の香りならば、ブラックムスクは完全に夜!むしろ真夜中!

筆者はこの"大人なムスク"にイチコロでした。


オードトワレ。

香りの持続時間は2~4時間とされていますが、もう少し長く残るイメージ。

ワンプッシュで充分香りが広がります。

ボディショ ブラックムスク オードトワレ 蓋付きwm


ボディショ ブラックムスク オードトワレ 蓋外しwm

30ml入りのボトル。

一回につける量はそれほど多くなくても充分なので、比較的もちます。


こちらはボディ用フレグランスミスト。

オードトワレよりも軽い付け心地。持続時間は1~2時間とされていますが、香り自体はうっすら~と残り続けます。トワレとの違いは濃厚か軽めか、といった感じ。

プッシュした瞬間でも、意識しないと分からないくらいの軽さです。

ボディショ ブラックムスク フレグランススプレーwm

100mlのボトル。

軽めの匂いで気軽にバシャバシャと使えるので、日常ではトワレよりも出番多め。
空間にプッシュすることも多い。


香水をつける際、おススメの使い方としては

  1. ウエスト(おへその横当たり)に半~1プッシュ
  2. 斜め上の空間に1プッシュし、クルリと回りながらくぐる
この二つ。

というか、この二つ以外のつけ方は基本的に邪道だとすら思っております。

1は、手首などと違ってキツく香りすぎず、それでいて近づいた時にふわっと香らせることができるので、意中の人に意識させるのにもオススメの使い方。ムスクのように重厚な香りが特に効果的。

2は、「香りのベール」を薄くまとうイメージ。柑橘系などやや軽めの香りだとよりオススメですが、ムスクのような強めの香りでも嫌味なく香らせることが可能に。プッシュする量を調節して、香らせ方を工夫するのもあり。


まとめ

ボディショ ブラックムスク 並びサイドwm

今週半ばごろからオンラインストアの方でもブラックムスクの在庫が復活しております。(シャワージェルのみSOLD OUT表記のまま)
またいつ在庫切れになるかわからないので、欲しい方は早めに手に入れましょう。

今回の長期在庫切れで、久しぶりに「廃盤」という恐怖を思い出しました。
やはりいくつかストックしておくべきか。。。


※追記

3月4日12時現在、オンラインストアが再び「在庫なし」表記に。

先週の水曜ごろには在庫が復活していたのですが、一週間保ちませんでしたね。。人気の高さが伺えます。

またすぐに在庫補充されるのか、それとも再び長期的な在庫切れに陥るのか。このまま廃盤、なんて事にならないと良いのですが。。


欲しい方はやはり店舗在庫があるうちに手に入れておいたほうが良さそうです。(ちなみに店舗でも次回入荷は未定のようです。)


公式オンラインストアはこちら


数量限定「ブラックムスク ナイトブルーム」が今年も発売!

SPONSORED LINK