皆さんパソコンの液晶用フィルターって使っていますか?
外出先でPC作業をすることのある筆者にとって、覗き見防止用のフィルターが有るか無いかで、画面に集中できるかどうかが随分変わります。もちろん、社外秘のような情報はそもそも外でアクセス出来ないし、人に見られて困る内容の作業というものが一般的にそうそうあるわけではないでしょうが、それでも自分のプライバシーに対する他人の目が気になってしまうのが人間ですよね?

そこで筆者も、条件に合うプライバシーフィルターを随分と探していたのですが、遂に!
条件に合うパーフェクトな一枚に出会うことができました。

それがこちら

「ELECOM のぞき見防止フィルターマグネットタイプ(2way)<EF-PFM156W>」


ELECOMの「EF-PFMシリーズ」として発売されている商品です。
今回は、筆者の考える液晶フィルターの条件と、上記商品のレビューをしてみたいと思います。


~愛用PC~
◎VAIOのノートパソコン 
◎画面サイズ 15.5型ワイド




筆者が考える液晶保護フィルターの条件


パソコンは日常的に使うものであるため、アクセサリー類の利便性はもとより、使用シーンごとの煩わしさは極力排除したいものです。その中で、筆者が考える液晶フィルターに求める条件は以下の通り。

優先度順に
  1. 覗き見防止効果がある
  2. 取り外せるが「差し込み式」ではない
  3. ブルーライトカット機能搭載
  4. タッチパネル対応(あれば、程度)
以上の4点。


1.覗き見防止効果がある

覗き見防止に関してはもともとの利用目的としては当然で、最も必須な項目。
液晶フィルターに求める役割として、「画面の保護」が目的なのではなく、あくまで「プライバシーフィルター」としての機能を期待しての購入となります。
視認性に関してはそこまでシビアな遮断力は求めておらず、周囲から見難くなれば良いという程度。

2.取り外せるが「差し込み式」ではない

特に2に関しては、"爪"を貼り付けて設置する「差し込み式」が数多くあるため、爪の装着が必要ない商品を探すのに苦労しました。差し込み式では爪が画面にかぶるのが煩わしいんですよね。。
また、モニターの環境にもよりますが、画面上の絵や写真の「色」の確認など、フィルター無しで見たい時に取り外せるものだと安心です。
なかなか種類がないことから、この項目をメインに製品を探していたといって良いでしょう。

3.ブルーライトカット機能搭載

ブルーライトの影響に関しては、主に
  • 体内リズムを乱す
  • 眼精疲労の原因になる
などがあると言われており、ブルーライトカット用のメガネがPC関連アクセサリーとして売られているのは今では随分とメジャーに。 筆者もブルーライトカット用のメガネを持ってはいるのですが、持ち歩くのが面倒なのと、ついつい忘れてしまうことが多々あるので、できればフィルター自身の機能で済ませてしまいたいなぁと常々考えていました。実際、ブルーライトカットが有るのと無いのとでは、目の疲れに対する効果を実感します。

4.タッチパネル対応

タッチパネルに関しては使用する場面がかなり限られ、めったに使うことの無い機能ではあるのですが、せっかくもともと付いている機能なので、「フィルターで覆ってしまうのもなんだか勿体無い」くらいの感覚でした。実際ここは無くてもはものが良ければ妥協していたでしょう。優先度は低いです。



さて、これらの条件をクリアする商品がなかなか見当たらず、大抵条件のうちのどれかが足りないというものばかりだったのですが、偶然見つけたのが今回の商品です。


ELECOM 「EF-PFM156W」レビュー

エレコムさんから出ているこちらの商品

フィルター開封前wm

先程挙げた条件を見事に網羅しています。

特徴として、
  • 透過率70%
  • 視野角は中央を中心に60°
  • マグネット式で取り外し可
  • ブルーライトカット率 約42%
  • タッチパネル対応
  • 紫外線99.9%カット
  • 表と裏で「光沢タイプ(グレア)」と「マットタイプ(ノングレア)」の使い分けが出来る。
と、正にパーフェクト
マグネットで上部に留める形で、マグネットが内蔵されていないPCでも付属の両面テープ付きマグネットを縁(ベゼル部)に貼り付けるだけで簡単に装着できるようになります。この付属のマグネットがなかなか強力な磁石になっており、裏面の両面テープもしっかり吸着固定できます。一度付属のマグネットシールを取り付けてしまえば、付け外しは簡単なのに装着時の安定感は抜群です。
また、シート側の磁石はベゼル部に取り付けることになるので、差し込み式の「爪が画面にかぶる問題」が起こることなく、ストレスフリーで画面に集中できます。

正面からの視認性は非常によく、一定の角度からしっかり隠してくれる感じです。

フィルター無し画面wm
↑フィルター装着前


フィルター装着wm
↑フィルター装着後




上記写真のコントラストを落として比較してみましょう。


低コントラスト フィルター無し画面wm
↑これが


低コントラスト フィルター装着wm
↑こんな感じに。



真横に近づくほど画面が真っ暗に近くなっていきます。
正面により近い角度や高輝度設定だと周囲の光加減によっては見えなくもないということはありますが、そもそも正面からの視認性はある程度確保するのが当然だし、凝視しないと見えない程度には隠してくれるので横並びの席ではほぼ見えないことを考えると非常に優秀です。
もちろん真正面からの視認性はバッチリくっきりハッキリです。
プライバシー保護の機能が充分で、なおかつ求める条件をすべて揃えた最高の一枚でした。


まとめ

ようやく満足のいく製品が見つかった、という気持ちです。 一時期ずっと探していたのになんでこの商品に辿りつかなかったんだろう、と思って調べてみると昨年9月発売でした。発売から割と日が浅い商品といえますね。
求めていた条件が揃っていることはもとより、両面で質感が選べるところなど、しっかりユーザー目線で作られている製品のように感じます。
画面サイズのラインナップも幅広く展開されているので、仮にPCを買い換えたとしてもサイズ選びに困ることなく、長く使える一枚になりそうです。
※追記
マット面よりグレア面の方が、より覗き見防止効果が高いです。
最近はもっぱらグレア面を使用中。


SPONSORED LINK